メンズ

副作用もありますがザガーロは薄毛治療に効果的な飲み薬です

薄毛治療の方法

髪の毛

薄毛治療において飲み薬があるのをご存知でしょうか。現在は塗り薬や食事などの治療法だけでなく、男性ホルモンを変化させる働きを阻害することで、薄毛の進行を抑えて発毛を行なう飲み薬が作られています。最初に開発された飲み薬はプロペシアという名前の薬品です。プロペシアは男性ホルモンを変化させる5αリダクターゼを阻害することで、薄毛や脱毛の進行を抑えることができました。しかし、この5αリダクターゼには2種類あり、ⅰ型とⅱ型があります。プロペシアはこのⅱ型にはよく効くのですがⅰ型には効果を発揮しません。そのため、プロペシアの次にザガーロという薬が開発されました。ザガーロは、このⅰ型、ⅱ型の両方に対応することができます。しかしその分ザガーロの副作用はプロペシアよりも強くなります。肝臓機能の低下や、異常を判断する肝臓の数値が高くなるなどが起きます。起きやすくなります。そのため、横浜などのクリニックではザガーロとプロペシアを状況や症状に合わせて処方することもあります。ザガーロとプロペシアは、横浜のクリニックなど、医療機関で処方されています。臨床試験では男性のみに結果がでたことから、横浜などのクリニックを始め、多くの医療機関では女性への処方は行なっていません。未成年の男性に対しても処方しないそうです。薄毛は医療機関で相談することで改善することも多くあります。植毛を考える前にまずは、お近くの横浜のクリニックなどで相談してみてはいかがでしょうか。

効果的な選び方

育毛剤

さまざまな育毛剤がでており、どれを選んでいいか悩んでいる人も多くいます。おすすめとしては、有効成分の配合種類や配合量が多く、満足度の高いものを探しましょう。クリニックで利用されていた製品はチェックしましょう。

詳細を読む

主に使われる治療薬

男性

プロペシアやザガーロは東京など多くのクリニックでも利用されている男性脱毛症の治療薬です。主な効果は5α-リダクターゼの働きを阻害することで、それにより発毛細胞の細胞死を止めます。

詳細を読む

薄毛相談はどこにするか

カウンセリング

薄毛治療は皮膚科のクリニックや専門外来のあるクリニックで相談をしましょう。毛の悩みには、それが生えてくる頭皮が原因の問題も考えられます。まずは相談して必要な治療について知りましょう。

詳細を読む