メンズ

副作用もありますがザガーロは薄毛治療に効果的な飲み薬です

主に使われる治療薬

男性

東京のクリニックでも、飲む育毛剤として利用されているプロペシアは男性ホルモンの変化を阻害することで薄毛の症状を抑える効果がります。男性ホルモンであるテストロゲンは、5α-リダクターゼにより変化させられ、ジヒドロテストステロンに変わります。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞と結合すると、髪の毛を作るための細胞分裂が行なわれなくなります。新しく毛髪を作る働きを阻害してしまうので、男性型脱毛症が進行します。プロペシアはこの5α-リダクターゼによるテストロゲンのジヒドロテストステロン化を阻害することで、毛髪の細胞分裂を止めないようにすることができます。現在、東京などのクリニックでは、この飲み薬のプロペシアと塗り薬のミノキシジルを併用して男性型脱毛症の治療を行なっています。臨床試験で男性の男性型脱毛症に対してプロペシアは効果を発揮することが確認できています。しかし、女性の脱毛については効果が期待できず、女性や未成年の男性には処方されていません。またプロペシアは5α-リダクターゼの2種類のうちⅱ型5α-リダクターゼには有効ですが、ⅰ型5α-リダクターゼには効果を発揮しません。そのため、東京のクリニックでもプロペシアとザガーロを状況に合わせて利用します。どちらが良いのかは症状や状態によっても異なるので、まずは東京のクリニックで、自分の頭皮の状態やオススメの治療方法を相談してみてはいかがでしょうか。